PEOPLE
INTERVIEW
4~5年目インタビュー

社員が生き生きと働く会社で
働きたい

エンターテインメント領域
2018年 入社
津田塾大学 学芸学部 情報科学科

Q1どんな仕事をしていますか?

プロジェクトの全体を管理しつつ、ゲーム品質の改善提案

複数のプロジェクトをマネジメントするアカウントマネージャーをしています。責任者として、お客様の課題をヒアリングしたり、品質保証計画の立案や予算管理を行う業務です。他にも、ゲーム品質を高めるために、テスト実行を行うメンバーへの仕事の割り振りや教育も担当しています。
メンバーの一人ひとりがそれぞれスキルを上げていき、「頑張りが評価されて、給与がアップした!」などの報告を受けるときは、自分のことのようにうれしく思います。
他にも、エンジニアやゲームプランナーの動きを見ながら、先手を打ち、システムの不具合を未然に防ぐ提案などをしたりしていますが、そのなかでも業務効率化をして工数の削減ができたとき、お客様やメンバーから感謝の言葉をいただけると喜びを感じます。

Q2SHIFTの好きなところは?

年齢に関係なく幅広い仕事を任せてもらえる

幅広く多くの経験ができるところです。私の場合は内定者のときにアルバイトでエンタープライズ領域の品質保証業務に携わることができました。入社後1年目のときには、現在所属している部署の全体会議運営担当として企画から当日の運営まで挑戦させてもらうこともありました。
他にも、テスト設計のコンテストに出場させていただくという機会もあり、若手のうちから多くの経験をさせてもらいました。また、仕事に関しても、テスト実行やテスト設計にはじまり、リーダーや案件管理者というチームのまとめ役、アカウントマネージャー、プリセールスといった少し難度の高い仕事にも挑戦させてもらえています。
どちらかというと自分から表に出ていく性格ではありませんが、周囲の先輩や上司に声をかけていただき、多くの挑戦する機会をいただきました。もちろん、待っているだけではなく、自ら積極的に手をあげて、多くの仕事にもっと早い段階で取り組んでいる方々もたくさんいる環境です。

Q3SHIFTに入社した理由は?

大学で行われた合同説明会に参加し、大手IT企業を見ていましたが、ピンとくる企業がなかなかありませんでした。そのときに、たまたまゲームのアルバイトでお世話になったSHIFTで社員さんが生き生きと仕事をされていたことを思い出し、応募を決めたことを覚えています。
実際に自分の目で社員さんが働いている姿を見ていて好印象をもっていたことと、面接では私自身としっかり向き合い親切に対応いただいたことからSHIFTへの入社を決意しました。

Q4仕事をしていて一番思い出に残っていることは?

あるゲームのリリースからサービス終了まですべて担当することがありました。その際、お客様先で常駐する仕事と、SHIFT本社や在宅で遠隔から行う仕事の両方を経験することができました。
このプロジェクトを担当したことでゲーム制作の全体の流れや進め方、役割による仕事の違いを知ることができ、成長できたと思います。そのゲームプロジェクトで関わったメンバーとは、プロジェクトが終了したいまでも交流があり、「またいっしょに仕事したい」といってもらえて、とてもうれしく思っています。

キャリアサマリー

2018年
エンターテインメント領域に配属され、ゲームの品質保証を担当し、大阪拠点の立ち上げにも参画
2019年
お客様の品質向上支援をしつつ、プロジェクトマネージャーを経験
2020年
ゲームのリリース案件の立ち上げメンバーに抜擢される
2021年
アカウントマネージャーとして3つの案件の管理を担当
2022年
メインの案件ゲームを無事リリースさせる
2028年
グループ長を目指す

1日の流れ(出社勤務)

10:00
朝会
10:30
お客様との朝会
12:00
社内外からの質問対応、設計レビュー
13:00
昼食
14:00
スケジュール・コスト調整、メンバーフォロー
16:00
社内外からの質問対応、設計レビュー
19:00
退社

ENTRYエントリー

2023年度新卒採用は下記、いずれかよりエントリーください。