常識を変える提案、
高品質という安心を、
すべてのユーザー様と
パートナー様に。

SAP S/4HANAへの
マイグレーション支援、
SAPの品質保証ならSHIFTへ。

SAP ERPをご利用中の企業様、
S/4HANAへの移行、“品質”の不安はございませんか?

人材不足から懸念される“品質の低下”。
SHIFTがサポートいたします。

世界的に高いシェアを持つ基幹系システム、SAP ERP。その保守期限が2025年で終了します。
多くの企業様が利用しているため、S/4HANAへの移行期間が重なり危惧されるのが、
SAP専門のコンサルタントが不足することによる、“品質の低下”、“プロジェクト遅延”などの問題です。
また、SAP領域外の横断的視点も必要なプロジェクトとなり、SAP領域に限定された知見では足りず、
“品質保証”の軸での幅広い知見と、きめ細やかなプロジェクト管理が必要になります。

SHIFTは“ソフトウェアの開発”と“品質保証・テスト”という分野を分業し、品質保証を軸に数ある企業様をサポートしてきました。SHIFTだから予期できる問題、一緒に解決いたします。

ソフトウェアの品質保証を手がけるSHIFTだからこそ提供できる、
S/4HANAへのマイグレーション支援があります。

SHIFTの
SAP品質保証サービスの概要

品質管理PMO

第三者的な立ち位置で、SAPと周辺システムの品質管理を実施

  • 上流工程における仕様書のインスペクションによる欠陥の早期発見
  • SAP領域の品質管理計画、全体テスト計画の作成
  • 各プロセスにおける品質状況のモニタリング

テストアウトソーシング

導入とテストの分業により、テスト品質の向上・均質化、工数削減を実現

  • SHIFT独自のSAP標準観点・シナリオの活用による網羅性の高いテストを実施
  • テスト自動化により回帰テスト・現新比較を効率化
  • テスト適性の高いテストエンジニアが対応

ユーザー運用サポート

テスト参画者によるトレーニング、稼働後の運用支援でユーザー負荷を軽減

  • 対象者に合わせた最適なトレーニングカリキュラムを構築
  • エンドユーザーのリテラシーに沿ったわかりやすいマニュアルを作成
  • ユーザー企業様の情報システム部門に代わり、お問い合わせ対応を実施

コンバージョンにおける
SHIFT活用例

  • 既存テスト資産の有効活用
  • 現新比較の自動化などによるテスト効率化
  • 稼働後のアップグレードを見据えた、テスト計画・テスト資産の再構築

リビルドにおける
SHIFT活用例

  • アドオン機能の豊富なテスト実績を活用
  • 不具合の早期検出とテスト効率化を実現し、 品質トラブルを防止
  • SAPと周辺システムを横断的に、上流から一貫して品質管理を実施
  • 仕様書・テストケースのインスペクションによる欠陥の早期発見

SAPユーザー企業様から
SHIFTが選ばれる理由

理由1

SAPと周辺システムを横断的かつ、
上流から下流まで一貫して品質管理を行い、QCDの
コントロールを実現

理由2

SAP標準シナリオや標準観点を熟知した
SAPテスト専門部隊が無駄なくテストを実施し、プロジェクトの
コストを低減

理由3

ユーザートレーニング、
稼働後の運用支援にテスト参画者を起用し、
ユーザー負荷を軽減

理由1

SAPと周辺システムを横断的かつ、
上流から下流まで一貫して品質管理を行い、
QCDのコントロールを実現

品質

品質基準の策定、品質モニタリングにより、設計品質の向上を実現します。

コスト

設計品質の向上、品質の可視化により、後工程で発生する手戻りコスト(仕様書・プログラム修正、追加テスト)を低減します。

スケジュール

品質の可視化により、スケジュール遅延につながるような品質問題を早期に解決し、プロジェクト炎上も防止します。

理由2

SAP標準シナリオや標準観点を熟知したSAPテスト専門部隊が、
無駄なくテストを実施し、プロジェクトのコスト低減

理由3

ユーザートレーニング、稼働後の運用支援に
テスト参画者を起用し、ユーザー負荷を軽減

ユーザートレーニング

テスト参画者がユーザートレーニングのインストラクターとなることで、通常のベンダートレーニングより低コストを実現します。

テスト参画者がメインとなり、エンドユーザーの業務やリテラシーに沿ったわかりやすいコンテンツを作成します。

稼働後運用支援

SAPプロジェクトへの参画体制

ユーザー様への想定体制図

私たちはSAPユーザー企業様の
お悩みやご相談に、
確かな品質で応えてきました。

CASE 01/
テストアウトソーシング

#テストプロセスの改善・
テスト実施による品質向上

●フェーズ:
単体~結合テスト
●テスト規模:
90人月/9ヶ月間
●課題:
単体レベルの不具合が結合テスト以降のテスト工程や本番稼働後に多く検出される
●実施内容:
不具合やテストシナリオの分析を実施して品質課題を整理し、テスト戦略とテストシナリオフォーマット、テスト観点を作成。それに従いSAP各モジュールのテストを実施
●効果:
テスト効率化により結合テスト以降の不具合数の減少

CASE 02/
エンドユーザー支援

#業務マニュアル作成支援による、
エンドユーザーのリソース不足解消

●フェーズ:
業務マニュアル整備
●テスト規模:
30人月/4ヶ月間
●課題:
業務変更点が整理されておらず、業務マニュアルの作成リソースが不足
●実施内容:
業務変更点を整理しながら業務マニュアルを作成
●効果:
業務の定義漏れや矛盾点の検出
リソース不足解消

SHIFTのご紹介

SHIFTは「すべてのソフトウェアにMade in Japanの品質を」を
コーポレートビジョンとする、
ソフトウェアの品質保証・テスト専門企業です。

ご支援までの流れ

pagetop